Print This Post Print This Post

東京都の新たな患者206人、3日連続200人超 新宿区1000人突破、西東京市も連日増の65人に 新型コロナウイルス

By in 新型コロナウイルス on 2020年7月11日

新型コロナウイルスに関連した患者の発生について(第558報)(クリックで拡大)

 東京都は7月11日、新型コロナウイルスの感染者が206人と発表した。3日間連続200人以上を記録した。感染経路不明は101人。20代と30代で計144人だが、40代、50代も次第に増えてきた。死亡は変わらず325人、患者総数は7721人。新宿区は前日からさらに92人増えて1056人となり、1000人台を突破して都内トップ。西東京市は連日1人増の65人となった。

 感染者を年代別に見ると、20代90人、30代54人と多いけれど、40代22人、50代15人、60代5人、70代4人と次第に中高年にも感染者が広がっている。

 

新型コロナウイルスに関連した患者の発生について(第558報)

 

 区市町村別の上位は7月10日の時点で新宿区1056人(+92)、世田谷区596人(+7)、港区401人(+4)、練馬区359人(+4)、中野区373人(+18)、杉並区326人(+6)、大田区291人(+2)、豊島区298人(+15)などだった。

 56万人と多摩地域で最も人口の多い八王子市が前日より3人増えて67人となり、町田市と並んだ。多摩地域の上位は府中市86人(+2)、町田市67人(0)、八王子市67人(+3)、西東京市65人(+1)、多摩市40人(0)、調布市42人(+5)だった。

 近隣は練馬区359人のほか、三鷹市44人(+2)、小金井市41人(0)、小平市33人(0)、武蔵野市31人(+3)、東久留米市23人(+3)、清瀬市18人(0)などとなっている。
(編注:区市の後のカッコは前日比)
(北嶋孝)

 

【関連情報】
・新型コロナウイルスに関連した患者の発生について(第558報)(東京都福祉保健局
・都内の最新感染動向(東京都コロナウイルス感染対策サイト

 

(Visited 543 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA