Print This Post Print This Post
新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真

小平市の障害者福祉センターで職員2人感染 武蔵野美大でも学生2人感染

投稿者: カテゴリー: 新型コロナウイルス オン 2021年5月24日

 小平市は5月24日、市立たいよう福祉センター(障害者福祉センター)に勤務する職員2人が新型コロナウイルスに感染していることが22日に確認された、と発表した。

 

 同センターは身体障害者・身体障害児の生活実習訓練、機能訓練、緊急一時保護事業などを行っており、心身障害児通所訓練施設(あすの子園)を併設している。

 

 感染が確認された2人の職員は利用者の支援業務に従事しており、職員と接触した利用者は経過の観察を要するため、5月24日は全館休館とし、24〜26日はあすの子園を休止する措置を講じた。生活介護や言語相談室、児童発達支援事業は25日から再開し、27日から全館開館する予定。

 

 また武蔵野美術大学は24日、学生2人が新型コロナウイルスに感染していることが判明した、と発表した。2人は自宅待機しており、大学構内の濃厚接触者はいないという。
(片岡義博)

 

【関連情報】
・小平市立たいよう福祉センターに勤務する職員の新型コロナウイルス感染症の感染について(令和3年5月22日)(小平市
・新型コロナウイルス感染症罹患者の発生について(5月24日現在)(武蔵野美術大学

 

(Visited 204 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA