小平市で職員の感染相次ぐ 患者は若年層に集中

投稿者: カテゴリー: 新型コロナウイルス オン 2021年7月29日

 小平市は7月29日、公民館に勤務する職員1人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表した。濃厚接触者については調査中。28日には庁舎に勤務する職員1人の感染を26日に確認したと発表している。

 

 小平市内では新たに発生した患者数が7月28日(7月27日時点)で18人と前日の8人から跳ね上がり、最多規模となった。7月19〜25日1週間の患者を年代別にみると、総計64人のうち19歳以下が10人、20歳代が21人、30歳代が12人と若年層に集中している。逆に60歳以上は計3人にとどまるなど、ワクチン接種の効果とみられる分布を示している。
(片岡義博)

 

【関連情報】
・職員の新型コロナウイルス感染について(令和3年7月29日)(小平市
・職員の新型コロナウイルス感染について(令和3年7月28日) (小平市
・市内の患者数・患者情報(小平市

 

(Visited 496 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA