新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真

西東京市で4件5人のコロナ感染発表 公立保育園2園で複数の濃厚接触者が自宅待機

投稿者: カテゴリー: 新型コロナウイルス オン 2021年8月12日

 西東京市は8月12日、公立保育施設や市立小学校、市役所で新型コロナウイルスの感染が4件5人判明したと発表した。保育施設の2園はどちらも園児と保育士らに複数の濃厚接触者が特定され、自宅待機となった。陽性判明から保健所が調査するまで1週間かかるケースもあった。

 

 2園で園児各1人が7日にPCR検査の結果、陽性と判明した。多摩小平保健所が11日に両園を調査した結果、ともに園児や保育施設職員らが濃厚接触者に特定され、自宅待機となった。PCR検査については触れていない。

 

 市立小学校で感染したのは30代の男性教員。10日にPCR検査を実施。11日に陽性と判明した。11日の保健所の調査結果によると、「学校活動で感染拡大の恐れがないことを確認」した。「濃厚接触者は特定されなかった」という。

 

 市役所では職員2人の感染が分かった。1人は健康福祉部の60代の女性。7月30日に発熱し、8月1日に医療機関を受診してPCR検査を実施。4日に陽性と判明した。もう1人は同部の20代の男性。4日に医療機関を受診し、抗原検査の結果、陽性と判明した。
 両件とも1週間後の11日に保健所が調査の結果、市の関係者に濃厚接触者は特定されなかったという。
(北嶋孝)

 

【関連情報】
・新型コロナウイルス感染症の市内感染者発生状況など(西東京市Web

 

Print Friendly, PDF & Email
(Visited 1,044 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA