体操教室

宮川紗江選手の体操教室が7月4日オープン 地元の西東京市北町のビルに 来年のパリ五輪も目指す

投稿者: カテゴリー: 健康・福祉 オン 2023年7月4日

 西東京市出身の体操選手宮川紗江さんが代表を務める体操教室「SAE Sports Academy」が7月4日、地元西東京市北町にオープンした。2日に開かれたオープニングイベントにはリオデジャネイロ五輪で体操女子日本代表としてともに活躍した寺本明日香さん、内山由綺さんもゲスト参加。宮川さんは「地元の体操教室は長年の夢だった」とあいさつした上で、「来年のパリ五輪出場を目指す」と現役続行の意思も明らかにした。

 

オープニングイベント

オープニングイベントであいさつする宮川紗江さん(右)、ゲストの内山由綺さん(中央)と寺本明日香さん(左)(7月2日午前11時20分)

 

 体操教室は西東京市の北端、北町1丁目のビル5階フロアーに開設された。マットや平均台、鉄棒などの用具も揃い、室内は約240㎡もあって広々。武蔵野市、調布市にも通じる主要都道「伏見通り」に面し、練馬区や埼玉県新座市も近くて交通の便はいい。

 

窓に張り紙

伏見通り沿いのビル5階。窓に教室名が…

 

 教室には就学前の「キッズ」や小中学生の「ジュニア」、未就園児も対象の「親子」クラスなどがあるほか、チアリーディングを専門に教える「チアエリート」、小学生から大人までを対象にした「バク転チャレンジ」のクラスも設けた。スタッフは宮川さんはじめ、全日本選手権の種目別や団体で優勝したり、チアリーディングの世界選手権で優勝したりした経験者らが揃う。

 2日のイベントでは宮川さん、寺本さん、内山さんの3人が午前と午後の2回、各25人の参加者と鉄棒やマット、平均台に分かれて飛んだり跳ねたり走ったり。一緒に身体を動かして楽しい時間を過ごした。同行した保護者らは写真を撮ったり子どもに声をかけたりして見守っていた。

 

上手に出来たね

鉄棒

逆上がりに挑戦

平均台

あともう少し、頑張って…

 

 この日の一番乗りは、東村山市から両親と一緒にやって来た小学1年生の女子。親からクリスマスプレゼントで室内用の鉄棒を贈られ、初めはぶら下がるだけだったのが、やがて逆上がりや前回りが出来るようになった。5歳の時だった。父親(45)は「それから本気になったようですね。東村山の体操教室に通い、その後(練馬区)大泉に通っていて、ここをネットで見つけました」。北町在住の女性は「チラシが入っていたので子どもと一緒に来ました」。3人のサイン入りの色紙や、プレゼントのTシャツを手に満足げだった。

 宮川さんは最後に「来年までは選手として五輪や世界大会の代表になれるように頑張りたい。また教室を通して子どもたちと楽しく触れ合いたい。もっと会員も増やしたい」と語り、現役選手と体操教室の代表・コーチ双方の活動に意欲を燃やしていた。
(北嶋孝)

 

【関連情報】
・SAE Sports Academy(HP
・SAE MIYAKAWA (OFFICIAL WEB SITE

 

北嶋孝
(Visited 2,797 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA