Print This Post Print This Post

「ひばりが丘さくらの道公園」来春開園へ 仮称「緑道公園」に正式名称

By in 市政・議会, みどり-環境 on 2016年12月7日

正式名称が刻まれた公園工事現場(クリックで拡大)

 老朽化した西東京市立ひばりが丘中学校(市内住吉町一丁目)の建て替え先となる「(仮称)第10中学校」を囲む「(仮称)ひばりが丘三丁目緑道公園」の正式名称が12月5日、「ひばりが丘さくらの道公園」と明らかになった。公園に植樹する桜並木にちなんで命名された。来年3月までの開園を目指す。西東京市議会第4回定例会で丸山浩一市長が佐藤公男氏(公明党)の質問に答えた。

 この公園は、学校をコの字型に囲み、面積は約 2600 ㎡。みどり公園課によると、南側を中心に、北門と東門周辺に植える桜は計43本。病害に強いと言われるジンダイアケボノが39本、残り3本は大輪のイチヨウになる。有名なソメイヨシノは各地で枯れるなど病害問題があり、新品種が選ばれた。このほかハンカチの木や西東京市の「市の木」のケヤキ、武蔵野地域に合ったクヌギ、コナラなども植え、健康遊具なども配置する。

コの字型の公園(市の資料から作成)(クリックで拡大)

 佐藤氏は「来春が楽しみ。私も計画段階から市民懇談会などに参加したので、関係者のご苦労がよくわかる。感謝したい」と述べた。

 「第 10 中」の周辺に公園を配置するに当たって「みどり、健康、市民協働」のコンセプトを基に市民懇談会やワークショップを計画段階から重ね、基本プランを策定した。
(北嶋孝)

 

【関連リンク】
・(仮称)第 10 中学校の(仮称)ひばりが丘三丁目緑道公園整備事業について(西東京市記者会見資料
・(仮称)ひばりが丘三丁目緑道公園基本プラン(西東京市Web

(Visited 725 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA