Print This Post Print This Post

西東京市ロードレース大会に400人が参加

By in 芸術・スポーツ on 2017年2月14日

10キロコース よーいスタート!(写真は筆者提供)

 第17回西東京市ロードレース大会が2月11日、田無市民公園と周辺で開かれた。大会は10キロ、3キロ、1キロを走る3種目で行われ、市内外から合計360組、397人が参加した。結果10キロ男子は和田正治さんが34分50秒で、女子は村上美由紀さんが44分10秒でそれぞれ優勝した。

 本大会は毎年2月末頃開催される東京マラソンの前哨戦として参加する人も多く、向台運動場をスタートして多摩湖自転車歩行者道を通り市民公園周回を3周する10キロコースは、応募が集中する。

 女子の部で優勝した村上さんは今回で4回目の参加で、昨年も優勝している。「ダイエットで始めたマラソンにはまってしまい、いろいろな大会に出場しています。今日も走れて楽しかった」と話していた。
(柿本珠枝)

 

【関連リンク】
・地元を走ろう第17回西東京市ロードレース大会(西東京市Web

 

【筆者略歴】
柿本珠枝(かきもと・たまえ)
 旧保谷市で育ち、現在西東京市田無町在住。1998年(株)エフエム西東京開局から携わり、行政や医療番組、防災、選挙特番など担当。地域に根差した記者としても活動している。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA