Print This Post Print This Post

給与支払報告書を紛失 西東京市市民税課

投稿者: カテゴリー: 市政・議会 オン 2017年6月14日

 西東京市は6月13日、送られてきた郵便物1通が見当たらず、中に入っていた給与支払報告書(3人分)を紛失した、と発表した。市は報告書の再発行を受け、3人に謝罪、経過を説明したという。

 報告書には住所、名前、生年月日、マイナンバー、受給者番号、給与の支払金額、所得控除額、源泉徴収額、被扶養者状況などの個人情報が書かれている。

 同市市民税課によると、3人の勤務先から税額決定通知書が届かないと、5月31日に連絡があった。市はこの通知書を基に住民税(都民税と市民税)の額を決定し、勤務先に通知することになっている。

 内部調査によると、1月31日に郵便物を受領したと確認できたが、記載されていたはずのデータは未入力で、職場を捜しても郵便物は発見できなかった。他の書類に紛れてシュレッダーにかけた可能性が高く、外部への持ち出しや流出の恐れはきわめて低いなどから、警察には届けていないという。

 同課の田喜知和仁課長は「信頼を損ねる事態が起きたことを反省、お詫びします。再発防止のため作業の場所や方法を見直します」と話している。
(北嶋孝)

 

【関連リンク】
・市民税課における給与支払報告書の紛失について(西東京市Web

 

(Visited 412 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA