Print This Post Print This Post

常任委員会もネット中継へ 西東京市議会が来年度に導入

By in 市政・議会, メディア・報道 on 2018年9月26日

西東京市議会のネット中継は現在本会議だけ(クリックで拡大)

  西東京市議会の議会運営委員会(佐藤公男委員長)が9月13日に開かれ、委員会のインターネット中継に関する申し合わせ事項を了承した。中継は無料映像サービスの「Youtube」を通じて実施。まず企画総務、文教厚生、建設環境の3常任委員会で始める。予算、決算の特別委員会などは今後の検討事項とした。委員会審議は固定カメラで撮影し、休憩時は音声が中断される。ライブ中継のほか、録画でも視聴できるようにする。

 議会事務局によると、webカメラやLanケーブルなど必要な設備の初期費用は約30万円、専用パソコンのレンタル料や回線使用料などの経常経費は年間約22万円と見込んでいる。来年度の予算要求に盛り込み、承認されれば新年度になってから工事の詳細を詰めて準備に入る。「順調に運んでも来年の9月議会に間に合うかどうか」と話している。

 申し合わせでは、録画映像は原則として、会議翌日の午後8時ごろに配信予定。回線や機器のトラブルで中継ができなくても委員会は中断しない。定例会分の録画公開は次の定例会が始まるまで、閉会中審査の録画配信は3ヵ月間。映像の修正は原則として行わないが、修正請求が書面で提出されて委員長が特に認めたり、委員長が修正すべき必要を認めたりしたときは該当箇所の映像または音声を消去後に公開する、などとなっている。

 

Youtube上の多摩市議会中継ページ

小金井市議会ページ

 

 西東京市議会は2010年から本会議のネット中継を実施してきた。委員会中継もこれまでの議会運営委員会で検討されたが、高額の設置・運用費用がかかるなどから足踏み状態が続いていた。今期の委員会でYoutube利用案が出され、従来より導入経費が格段に少ないとの試算が示されたことなどもあって議論が進んだ。

 東京都市議会議長会が今年8月に発行した調査資料によると、多摩地域で議会のインターネット中継を実施しているのは25市。清瀬市が未実施だった。本会議のほか、常任委員会などもネット中継している市議会は立川市、調布市、町田市、小金井市、国立市、多摩市など。小金井と多摩の両市議会はYoutubeを利用して予算、決算の特別委員会や議会運営委員会なども中継、公開している。
(北嶋孝)

 

【関連リンク】
・小金井市議会ネット中継(Youtube
・多摩市議会ネット中継(Youtube
・立川市議会ネット中継(立川市
・調布市議会ネット中継(調布市
・町田市議会ネット中継(町田市

 

(Visited 52 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA