Print This Post Print This Post

イベントスペースは広々 階段の出入口に課題 「フレスポひばりが丘」内覧会

By in 買い物・商い on 2019年10月24日

オープン間近のフレスポひばりが丘。階段がつらい…(10月23日)

 西東京市谷戸町に出来たショッピングセンター「フレスポひばりが丘」の内覧会が10月23日に開かれた。25日の開店を控え、施設内の多くの店は商品の陳列など準備に忙しい。2階のイベントスペースは3階まで吹き抜けで広々していた。しかし道路からの入口3ヵ所は階段。バリアフリーの課題が目に付いた。

 1階の入口を入ると、スーパー「オーケー」が目の前。カートが並び、買い物かごが山積みになっていた。

 

1階はスーパーが店を構える

 エスカレーターを上がると、イベントスペースが広がる。吹き抜けの天井は高く、観葉植物など室内の植栽は移動可能。大型の展示用パネル30枚が用意され、多くのイベントを受け入れることができる。その奥に調理台付きの会議室もあり、低料金で貸出を予定しているという。

 

エスカレーターを上るとイベントスペースに出る

室内植栽は移動可。天井は高い。両側にお店が並ぶ

会議室の後ろに調理台がある

 

 3階は東京都認証保育所の「ぽけっとランドひばりヶ丘」が近くから移転。同ホームページによると、来年4月、認可保育園としてオープンを目指すという。お隣は、キッズスペース付きオフィス「ママスクエア」。11月にスタートを予定している。

 地下の駐車場は110台収容。ゲートバーはなく、ナンバープレートを自動的に読み取って料金精算するシステムを取り入れた。

 

ナンバープレート自動読み取りの駐車場料金精算システム

 

 「店内は素晴らしいけれども、課題は出入り口ではないか」との声があった。
 敷地は東北の角にあり、施設に入るには三方の階段を通ることになる。道路から敷地まで、身の丈ほどの高さを5段から9段の階段を上がらなければならない。買い物カートもベビーカーも車いすも、登り切るには文字通りハードルが高い。北側に設置されて駐輪場に通じる入口も、遠回りしないと通れない。バリアフリーの世の中なのに、特段の事情があったのだろうか。

 

駐輪場につながる北側の自転車通路

やはり階段はきつい

ここは9段ある

階段はいずれも手すり付きだが…

 

 店側も事態を把握していた。同店の井口寛之支配人は「そういう声は聞いていました。お客様からもご指摘を受け、オープンには間に合いませんが、対応を検討しています」。スロープ状の通路を設けて、道路からのアクセスを確保する予定という。
(北嶋孝)

 

【関連情報】
・フレスポひばりが丘(HP
・ぽけっとランドひばりヶ丘(HP

(Visited 352 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA