Print This Post Print This Post

ひばりヶ丘駅に通勤風景戻る 年末年始の休み明け

By in 交通・道路 on 2020年1月6日

改札を通りホームに向かう人々(1月6日午前8時8分ごろ)

 最低気温が5度を下回る寒い朝となった1月6日、西武池袋線ひばりヶ丘駅には久しぶりに通勤風景が戻った。年末年始の休みが明けて、自動券売機前には定期券を求める長い列、プラットホームは乗客で混み合った。冬休みが終わり学生らが通うようになると本格的なラッシュアワーの時期を迎える。マフラー、手袋を身につけた人たちが目立った「小寒」の朝だ。
(梶山るみ)(写真は筆者撮影)

 

電車に乗り込む人たち(1月6日午前8時8分ごろ)

定期券購入に並ぶ人の列(1月6日午前8時7分ごろ)

 

【筆者略歴】
 梶山るみ(かじやま・るみ)
 東京都江戸川区生まれ、ひばりが丘在住2年。平日は都内中心に通勤し、自分時間はダンス、油絵、映画や美術館へ。表現に関すること、そして桜とワインを愛する。

 

(Visited 138 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA