Print This Post Print This Post

小平市が小中学校の臨時休校を5月6日まで延長

By in 市政・議会, 健康・医療 on 2020年4月2日

 小平市新型コロナウイルス感染症対策本部は4月2日、春休みまでとしていた市立小学校・中学校の臨時休校を大型連休最終日の5月6日まで延長すると発表した。臨時休校を開始した3月2日から春休みを挟んで2カ月余り休校が続くことになる。

 臨時休校措置に伴い、児童・生徒の健康観察、学習や生活指導をするため、週 1 回程度の登校日を設ける予定。入学式と始業式については、十分な感染症予防対策をしたうえで実施するとしている。

 東京都教育委員会は1日、感染拡大を受けて都立学校の臨時休校を5月6日まで延長する方針を決定。小中学校を管轄する区市町村の教育委員会に対して、都立学校の対応を参考として感染拡大防止の取り組みへの協力を強く要請していた。
(片岡義博)

 

【関連情報】
・新型コロナウイルス感染症への市の対応(令和2年4月2日現在)(小平市

 

(Visited 533 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA