東久留米市がプレミアム付き商品券 発行総額7億1500万円、プレミアム率30%

投稿者: カテゴリー: 新型コロナウイルス市政・選挙暮らし オン 2020年6月10日

 東久留米市は6月10日、発行総額7億1500万円に上るプレミアム付き商品券を発行すると発表した。プレミアム率は30%。1冊5000円で6500円分の商品券が各世帯、必ず2冊まで購入できる。市の産業政策課によると、発行総額とプレミアム率はこれまでの最大、最高という。

 同課によると、この事業は新型コロナウイルス感染症の影響を受けた市内の飲食店、販売店の消費を促進させるとともに、市民の家計支援も視野に入れて制度設計した。

 発行は11万冊。1冊は額面500円券の13枚綴り。そのうち6枚は大型店でも中小店舗でも使える。残り7枚は中小店舗のみ使用できる。東久留米商工会を通じて事業を実施し、市内約300店舗の参加を見込んでいる。

 新型コロナウイルス感染症対策として購入時の混雑を避けるため、各世帯ごとの事前申し込み制とした。申し込み用紙は、7月1日付けの市報に折り込むなどして各家庭で入手できるようにする。申請世帯に郵送された引換券でプレミアム付き商品券を購入する。

 申し込みは最大5冊まで。各世帯2冊までは希望すれば必ず分配し、購入可能。応募が多い場合、3冊目以降は抽選となる。

 プレミアム商品券の申込期間は7月1日から31日。商品券の販売は8月下旬から9月30日まで。商品券が使えるのは8月下旬から12月31日までの年内いっぱいとなっている。
(北嶋孝)

 

【関連情報】
・東久留米市(HP

(Visited 3,694 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA