Print This Post Print This Post

練馬区立認可保育施設の園児1人が感染 園児、職員ら32人がPCR検査へ

投稿者: カテゴリー: 新型コロナウイルス オン 2020年10月3日

 練馬区は10月2日、区立認可保育施設の園児1人が新型コロナウイルスに感染していると判明したと発表した。濃厚接触者と特定された園児21人、職員11人の計32人はPCR検査を実施する予定。施設は10月3日から6日まで臨時休園する。

 

 発表によると、感染が分かったのは2歳の女子園児。9月29日が最後の登園日で、30日は休み、翌10月1日にPCR検査を実施して、2日に陽性と分かった。同室で過ごした32人はPCR検査を受けるほか、13日まで自宅に待機し、健康状態を観察する。同施設は消毒を実施。検査結果などによっては臨時休園期間の延長もある、としている。

 

 東京都の集計によると、練馬区内の新型コロナウイルス感染者は10月1日時点で、前日の9月30日より38人増の1025人となり、1000人台を突破した。
(北嶋孝)

 

【関連情報】
・区立認可保育施設園児の新型コロナウイルス感染について(練馬区

 

(Visited 1,638 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA