Print This Post Print This Post

ひばりが丘駅前交番、駅舎南口エレベーター横に移転

投稿者: カテゴリー: 市政・議会 オン 2020年11月15日

移転して新しくなったひばりが丘駅前交番

 西東京市のひばりが丘駅前交番が、西武池袋線ひばりヶ丘駅南口のエレベーター横に引っ越した。今年1月末までコンビニエンスストアが入っていたスペース。正面の出入り口の上に交番名と警察のシンボルマーク、窓には面格子が取り付けられた。右手に「koban」の看板があり、左手の掲示板に指名手配書が並んでいる。

 

旧交番は囲いの中

 駅西側の踏み切り近くにあった旧交番は塀に囲まれ、移転を知らせる張り紙が真新しい。11月10日の開所式に参加した西東京市議会の田中慶明議長によると、「辞令の交付があり、内覧会のように内部を見せてもらった。コロナ感染が広がっている折でもあり、簡素な催しだった」。西東京市からは池澤隆史副市長らが参加したという。

 

旧交番は踏切の隣りにあった(2018年3月4日撮影)

 

 駅前交番は2年前の2018年初め、駅から南300メートルほどの交差点付近に移転する計画が明らかになり、議会で「駅舎内での交番設置」を求める意見書が全会一致で採択され、西東京市、警視庁、西武鉄道の間で話し合いが行われていた。
(北嶋孝)

 

(Visited 321 times, 1 visits today)

ひばりが丘駅前交番、駅舎南口エレベーター横に移転」への1件のフィードバック

  1. 1

    わあ、ずいぶん様変わりしましたね。昔は南口も、さらに北口も、すんごい狭かったのに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA