Print This Post Print This Post

西東京 帰り道 ~濱口太のフォトレッスン~ 第8回 二分割の世界

投稿者: カテゴリー: 連載未分類 オン 2020年11月19日

下り階段と上り坂(18 下保谷ふれあい歩道橋)

 

【撮影データ】Nikon D4、ISO 400、SP 1/30、f 4

 素人カメラマンには絶好の撮影ポイントでもある下保谷ふれあい歩道橋の南を見ると、下り階段と上り坂が偶然線上にあるので、上下二分割の世界が撮れる。しかしここが、かつて「三角山」があった場所だと知る者は少ない…。

【撮影ポイント】
 特になし。誰でも撮れるポイント。

 

4年前の景色(19 ひばりヶ丘駅)

 

【撮影データ】iPhone(2016年11月25日撮影)

 ひばりヶ丘駅構内の階段からホームが見えた。撮影したのは4年前の11月。いまは駅舎が建て替えられ、商業施設も工事中で視界が塞がれてしまった。

 陽が沈む方向なので、明るさがシンクロするこの季節でしか撮れなかった写真。帽子をかぶったおじさんが、仕込んだようにセンターにいる。いい感じ。

【撮影ポイント】
 特になし。誰でも撮れたポイント。

 

 

 【筆者略歴】
 濱口太(はまぐち・ふとし)
 西東京市在住の写真家。六本木のスタジオフォリオを経て、ファッションカメラマン袋谷幸義氏に師事。1995年に独立後、雑誌、ウェブなど活躍。フード撮影では佳川奈央、ポートレート撮影では河村フォトン名義で作品を発表している。地元の風物を記録する「西東京百姿フォトコンテスト」や写真集を企画した主要メンバーの一人。 

(Visited 142 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA