西東京 帰り道 ~濱口太のフォトレッスン~ 第9回 月二姿

投稿者: カテゴリー: 連載・特集・企画 オン 2020年12月17日

【撮影データ】Nikon D4、レンズ300mm、絞りf5.6 シャッタースピード1/90秒 ISO 800

月 その1(20 住吉町・三角山付近)

 車で走っている時に、低い位置に出ている月を見つけると興奮する! 対象物がたくさんあるので、月の大きさが劇的なのだ。

 機材は全てある。車を止め三脚にカメラを固定、300ミリの望遠をつけて月を狙う!
 月だけの写真は何の価値もないので、周りの景色をどう取り入れるか悩んでいる間にも月は登る。

 アングルが決まり、ヘッドライトと女学生と一般人がシンクロ !!
 決まった! と思ったが、月が動いて電信柱に被っていたのは痛恨のミスであった。

【ポイント】
 低い位置の月の動きは早いので、運を呼び込む。

 

 

【撮影データ】ニコンD4、絞りf4.0、シャッタースピード1/60秒、ISO 2200

月 その2(21 柳沢)

 見上げると月がぽっかり浮かんでいる。高く昇ってしまった月は遠くなるので、点に近い。しかし、街の景色に点のような月でも、何も無い空にはわさびのように効いてくる。

 

【ポイント】
 正面の家の、緑の窓と玄関のオレンジの差し色。

 

 

 【筆者略歴】
 濱口太(はまぐち・ふとし)
 西東京市在住の写真家。六本木のスタジオフォリオを経て、ファッションカメラマン袋谷幸義氏に師事。1995年に独立後、雑誌、ウェブなど活躍。フード撮影では佳川奈央、ポートレート撮影では河村フォトン名義で作品を発表している。地元の風物を記録する「西東京百姿フォトコンテスト」や写真集を企画した主要メンバーの一人。 

(Visited 227 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA