Print This Post Print This Post

小平市立小学校の教職員1人が感染 NCNP病院の看護師1人も陽性

投稿者: カテゴリー: 新型コロナウイルス オン 2021年1月7日

 小平市は1月7日、市立小学校の教職員1人が新型コロナウイルス感染症に感染していることが6日に報告された、と発表した。保健所の調査で学校内に濃厚接触者はおらず、通常通りの教育活動を続けている。

 教育委員会指導課は「当該教職員及び関係者等の人権尊重と個人情報の保護のため、学校名等は公表いたしません」としている。

 また、小平市の国立精神・神経医療研究センター病院(NCNP病院)は1月7日、病棟勤務の看護師1人が新型コロナウイルスの感染検査で陽性が判明した、と発表した。

 看護師の同居家族がPCR検査で陽性となったため、6日にNCNPで検査をした結果、陽性が判明した。看護師には症状がないため自宅で待機しており、現在、保健所が濃厚接触者の確認をしている。

 この看護師が接触した職員ら60人は検査の結果、陰性が判明。看護師が勤務する病棟の患者31人についてはPCR検査の結果を待っている。現時点で診療体制に影響はないという。
(片岡義博)

 

【関連情報】
・市立小学校の教職員の新型コロナウイルス感染症の感染について(小平市
・新型コロナウイルス感染者の発生について(NCNP病院

 

(Visited 343 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA