Print This Post Print This Post
中央図書館と田無公民館

中央図書館・田無公民館、1年間休館 西東京市が耐震補強改修工事

投稿者: カテゴリー: 市政・議会芸術・文化 オン 2021年4月2日

 西東京市の中央図書館・田無公民館が4月1日から1年間の休館に入った。棟続きの建物が築45年を経過して老朽化が目立ち、耐震補強改修工事をこの間に実施する。このため中央図書館は近くのイングビル3階に5月1日から臨時窓口を設置して一部の図書館サービスを継続。田無公民館は4月1日から田無総合福祉センター3階の一室を利用できるようにした。(写真は、西東京市中央図書館(手前)、田無公民館は右手奥)

 

イングビル

イングビルの地図(記者会見資料から)

 図書館の臨時窓口は、同じ市役所通り沿いにあるイングビル(南町5-6-18)3階会議室に開設。予約資料の受け取りや資料返却などのほか、新聞も読める。開室日時は火曜日から金曜日の午前10時から午後8時。土日、祝日は午前10時から午後6時まで。利用日時は中央図書館と同じ。電話も変わらない(電話042-465-0823)。

 

 地域・行政資料の一部は、5月1日から芝久保図書館で利用可能。担当職員も配置する。

 

田無総合福祉センターの地図

総合福祉センターの地図(記者会見資料から)

 田無公民館の代替施設として、田無総合福祉センター(田無町5-5-12)3階に「田無公民館(仮)活動室」(約152㎡)を設け、公民館登録団体が活動できるようになった。公共施設予約管理システムから申し込む。休館日は毎月第2・第4日曜日、祝日及び年末年始。問い合わせは柳沢公民館(電話042-464-8211)。

 

 中央図書館・田無公民館は1975年に建設。耐震化工事では外壁の補強、屋上防水、電気・給排水設備の改修、エレベーターの更新のほか、公民館のラウンジに学習コーナーも設ける。事業費は約6億79000万円。新年度の一般会計暫定予算に計上され、3月30日に成立した。
(北嶋孝)

 

【関連情報】
・耐震補強等改修工事に伴う中央図書館休館中の対応について<4月1日更新>(西東京市図書館
・田無公民館(仮)活動室を4月1日から利用いただけます(西東京市Web

 

(Visited 157 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA