Print This Post Print This Post

一般のワクチン接種率1回目27.7%、2回目18.4% 西東京市の集団接種は夏以降、いこいの森公園、PARCO、アスタでも

投稿者: カテゴリー: 新型コロナウイルス市政・議会 オン 2021年7月20日

 西東京市の新型コロナウイルスワクチンの一般の接種率は7月16日時点で、1回目が27.7%、2回目18.4%となった。いずれも東京都平均より2~4ポイント上回る。そのうち65歳以上の高齢者は1回目76.9%、2回目63.5%となり、7月末で対象者の80%程度に達する見通し。7月末で使用終了となる第10中学校(新ひばりが丘中学校)体育館に代わって、8月中旬以降から新会場に西東京いこいの森公園スケート場とひばりが丘PARCO、9月から田無・アスタが追加される。

 

 西東京市議会臨時会が7月19日に開かれ、新型コロナウイルスワクチン接種事業を盛り込んだ一般会計補正予算案(第3号)を審査する予算特別委員会で、ワクチンの接種状況が明らかになった。補正予算案は8億3036万5000円を追加。今年度の予算総額は734億9406万6000円となり、本会議で全会一致で可決した。

 

 国のワクチン接種記録システム(VRS)の集計によると、西東京市の12歳以上の接種実績は1回目5万2022回(27.7%)、2回目3万4452回(18.4%)となった。都の1回目25.76%より1.94ポイント高く、2回目14.15%より4.24ポイント上回る。市内会場での接種は7万5112人(86.9%)、市外は1万1362人(13.1%)だった。

 

東京都のワクチン接種状況

東京都のワクチン接種実績(1回目、7月16日、ワクチン接種記録システム(VRS)から)

東京都のワクチン接種状況

東京都のワクチン接種実績(2回目、7月16日、ワクチン接種記録システム(VRS)から)

 

 

 65歳以上の高齢者実績は1回目が3万9608回(76.9%)、2回目3万2746回(63.5%)となった。健康福祉部の藤澤正樹副参与(ワクチン担当)は、今後の推移を問われて、「現在のペースで進めば高齢者の接種は7月末に80%程度に達する」との見通しを明らかにした。

 

 集団接種会場は現在、田無庁舎、エコプラザ西東京、新ひばりが丘中学校の3会場。8月中旬以降は新ひばりが丘中に代わっていこいの森公園スケート広場にユニットコンテナを設置。1日500人に接種出来るようにする。ひばりが丘PARCO5階にも接種会場(1日100人)を設け、9月からアスタ会場(1日100人)もスタートする。追加3会場を含め、接種期間は11月までとなる。

 その結果、9月以降は1日約1300人の接種が可能になる。藤澤副参与は「ワクチンの供給状況などによって見直しが必要になるかもしれない」としながらも、医療機関でのワクチン接種も加え、「11月末には12歳以上の対象者のおおむね9割の完了を見込んでいる」と述べた。

 

 ワクチンの副反応は2件。ワクチン担当の岡本範子副参与は「いずれもアナフィラキシー症状があったが、7日以内に治癒した」という。
(北嶋孝)

 

【関連情報】
・ワクチン接種記録システム(VRS)について(政府CIOポータル

 

(Visited 474 times, 4 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA