賑わう中国料理店の日曜朝市 お勧め惣菜やグループ店のケーキ類も

投稿者: カテゴリー: 暮らし オン 2015年7月21日

 西武新宿線田無駅北口にある中国家庭料理「墨花居」で[2015年]7月19日、恒例の日曜朝市が開かれた。新鮮な地元野菜のほか、同店を含むグループ店舗4店のお勧め惣菜やケーキなどが販売され、150人ほどの買い物客で賑わった。

 

日曜朝市

「墨花居」前は大賑わい(筆者撮影)

 今回で33回目を数える日曜朝市。田無に本店を構える武蔵野茶房や姉妹店の武蔵野食堂、墨花居などを運営する株式会社「武蔵野テーブル」が、地域のお客さまに喜んでもらおうと、3年ほど前から開催している。

 この日、墨花居のテラスでは、西東京市や東久留米市の農家で獲れたばかりの小松菜やピーマンなどがテーブルに積まれ、シェフが早朝から仕込んだという、トルティーヤクレープやラザニアなどが並んだ。店内には、白身魚のオイスターソースやカレーなどの惣菜が湯気を立てていた。

 

 

 同店の向かいにある武蔵野菓子工房では、朝市限定、旬の白桃ロールケーキの実演販売も行われた。朝市に出品された惣菜などは、8時30分のオープンから約1時間半でほぼ完売した。

 墨花居のはす向かいにできたばかりのMusic Studio JUNでは、サロンコンサートが開かれたり、アンティークなリサイクルショップが出店したりするなど、同店を囲むあたり一帯には異国情緒が漂っていた。

 日曜朝市は、毎月第3日曜日に開催。次回は8月16日の予定。
 (柿本珠枝)

 

【関連情報】
・墨花居 田無店(武蔵野テーブル

 

 

柿本珠枝
(Visited 2,978 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA