ひばりテラス118

まちにわライター講座全2回 伝わる文章と基礎知識を

投稿者: カテゴリー: 文化・娯楽メディア・報道 オン 2022年5月10日

 自分の暮らしや身の回りで起きていることを正確に、ひとに伝わる文章で書いてみませんか。そう呼び掛ける「まちにわライター講座」が5月下旬から2回の予定で始まる。(写真は、会場となる「ひばりテラス118」)

 主催するのは一般社団法人「まちにわひばりが丘」。ひばりが丘団地内のコミュニティー活動の中心になり、カルチャー系の教室や子育てイベント、地域のお祭りとも言える「にわジャム」などを住民らと企画。会場となる施設「ひばりテラス118」を運営し、コミュニティ・メディア「AERU」を発行している。ライター講座はこれらの発信活動を支える狙いもある。

 今回のライター講座は、5月22日(日)と6月5日(日)の2回。ともに午前10時から正午まで。会場はひばりテラス118。定員は10人。参加費は2000円(全2回分)。

 講師は、ひばりタイムスの北嶋孝編集長。共同通信社出身。2015年にひばりタイムスを創刊し、西東京市と近隣の地域報道を続けてきた。その傍ら文章セミナー、市民ライター講座も企画し、地域や企業研修などでも文章技法のノウハウを伝えている。

 

チラシ

まちにわライター講座チラシ(クリックで拡大)

 

 問い合わせ・申し込みは、まちにわ ひばりが丘事務局(電話042-452-5758 メール info@machiniwa-hibari.org)

 

【関連情報】
・まちにわライター講座のお知らせ(まちにわひばりが丘

 

(Visited 311 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA