Print This Post Print This Post

庁舎統合整備パネル展示始まる

投稿者: カテゴリー: 市政・議会 オン 2016年10月14日
市職員の説明を熱心に聞く来訪者(保谷駅前公民館図書館)

市職員の説明を熱心に聞いたりアンケートに答えたりする来訪者(保谷駅前公民館図書館)

 西東京市の庁舎統合計画の現状を図入りで説明したパネル展が10月14日(金)、保谷駅前公民館図書館のロビーで始まった。展示は3日間の予定。15日はいこいの森パークセンター、16日は田無駅北口のアスタビル2階センターコートで、ともに午前10時から午後4時まで開かれる。

 会場には統合案の検討経緯や統合の必要性、現在市が打ち出した統合方針(案)などが計11枚のパネルに示されている。ほかに市民の意見を張り出すパネルも用意した。会場を訪れる市民に対し、企画政策課の職員2人がパネルを見ながら庁舎統合の経過や内容を説明し、質問に答えていた。

 

訪れた市民の意見が張り出されたパネル

訪れた市民の意見が張り出されたパネル(保谷駅前公民館図書館)

 この日の展示は午後2時から夜8時まで。午後6時30分時点で40人を超える人たちが来場したという。
(北嶋孝)

 

【関連リンク】
・庁舎の統合整備に関するパネル展示(西東京市Web
・庁舎の統合整備に関するパネル展示資料(PDF:6,262KB

(Visited 143 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA