Print This Post Print This Post

西東京市が避難勧告 4世帯5人に土砂災害の危険

By in 災害・防災 on 2017年10月23日

避難勧告の対象市民らが住むマンション(右上)(2016年9月撮影)

 西東京市は10月23日午前4時、市内東伏見三丁目のマンション住民4世帯5人に避難勧告を発令した。台風第21号の接近に伴い、土砂災害の危険が高まったため。同市危機管理室職員が当該住民を訪問し、近くの東伏見コミュニティセンターなどへの自主避難を呼び掛けた。

 市は22日午後4時23分に大雨警報、23日午前零時44分には市内全域に洪水警報を発令。午前1時30分にマンション住民4世帯5人に避難準備情報を発令していた。
 同マンション住民には昨年8月にも避難勧告が出ている。
(北嶋孝)

 市は23日午前8時20分、避難勧告を解除した。気象庁が同日午前3時55分に西東京市に出した土砂災害警戒情報を同7時45分に解除したため。

 

【関連リンク】
・避難準備情報の発令について(平成29年10月23日1時30分)(西東京市Web
・避難勧告の解除について(平成29年10月23日8時20分)(西東京市Web

(Visited 244 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA