Print This Post Print This Post

「路上喫煙、ポイ捨て」ダメよ! ひばりケ丘駅周辺を防止地区に指定

By in 市政・議会 on 2018年9月2日

ひばりが丘駅南口の路面ステッカー。右手が駅舎

 西東京市は9月1日から、西武池袋線ひばりケ丘駅周辺を「路上喫煙・ポイ捨て防止地区」に指定した。今回の指定で、西東京市にある鉄道5駅周辺がすべて「防止地区」となった。ひばりヶ丘駅周辺はそのなかで初めて、指定喫煙所を設けないことにした。

 みどり環境部によると、指定されたのは駅から概ね300メートル、道路に囲まれたエリア。駅周辺の路面39カ所に「路上喫煙・ポイ捨て防止地区」と書かれたステッカーを貼った。北口の駅前広場が年度内に完成したら計50カ所に増やす。看板も4カ所に設置する。

 

ピンクゾーンが「防止地区」(「会見」資料から)(クリックで拡大)

 

 「指定喫煙所なし」は初めてのため、半年ほど不設置による影響や効果、課題などを検証して今後の対応を進めるという。担当のごみ減量課によると、他の防止地区に設置されている喫煙所の煙に対し、市民から苦情が寄せられていることもあり、今回はモデルケースとして不設置に踏み切った。

 

駅北口線路沿いにも真新しいステッカー

 

 「防止地区」は「西東京市まちの美化と安全を推進する事業実施要綱」に基づいて指定された。罰則も強制力もない「お願いベース」だが、シルバー人材センターのスタッフが1日おきに見回り、路上喫煙やポイ捨てを止めるよう協力を呼び掛けるという。

 8月末に開かれた記者会見で、丸山浩一市長は「健康応援都市の実現に向けて、受動喫煙防止対策を拡充する施策の一つ」と話した。
(北嶋孝)

 

【訂正】
 第2段落の「駅南口周辺の路面39カ所」を「駅周辺の路面39カ所」に、「看板も4カ所に設置した」を「看板も4カ所に設置する」と訂正します。確認が不十分でした。(2018年9月5日)

 

【関連リンク】
・「路上喫煙・ポイ捨て防止地区」に指定!(西東京市Web
・路上喫煙(ポイ捨て)防止地区(西東京市Web

 

(Visited 371 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA