Print This Post Print This Post

こだいらオクトーバーフェスト開催 ドイツの食文化を満喫

By in 食・調理, 交流・共生 on 2018年10月8日

「プロースト!」(乾杯)の掛け声でビールを掲げて乾杯

 ドイツビールの祭典「こだいらオクトーバーフェスト2018」が10月6、7日、小平市花小金井6丁目の東部公園で開催された。

 オクトーバーフェストはドイツのミュンヘンで毎年秋に開かれる世界最大のビール祭りで、ドイツ文化を楽しむイベントとして世界各地で開かれている。小平は今年で3回目を迎え、昨年は2日間で約15000人が来場。今年も秋晴れのもと、多くの家族連れでにぎわった。

 イベントは約100人の市民ボランティアが支え、特に学生が積極的に企画運営に参加している点に特徴がある。実行委員会(松岡あつし委員長)によると、市からの補助金などは受けず、収益は出店舗などにできるだけ還元する方針を取っているという。

 

会場を乾杯をして回るボランティア

 

 会場には17店舗が出店。ドイツビールや季節限定ビール、地ビールをはじめ、本場のソーセージやドイツ風ピザ、市内の飲食店による地元野菜を使ったメニューなどが販売された。ステージでは、ヨーデル歌手のライブ、地元パフォーマーやミュージシャンが出演して会場を沸かせた。

 

「こだいらサーカス」のパフォーマンス

 

 実行委員会代表の小幡敦史・嘉悦大学ビジネス創造学部教授は「小平の魅力を発信するために市民が立ち上げたイベント。3年でかなり定着してきた。学生たちもボランティアを通して楽しみながら学んでいる。今後もぜひ盛り上げていきたい」と話していた。
(片岡義博)

 

【関連リンク】
・​こだいらオクトーバーフェスト2018(公式HP

 

【筆者略歴】
 片岡義博(かたおか・よしひろ)
 1962年生まれ。共同通信社記者から2007年フリーに。小平市在住。嘉悦大学非常勤講師(現代社会とメディア)。

 

(Visited 97 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA