Print This Post Print This Post

武蔵野神社で秋祭り 盆踊りや子供みこしで大にぎわい

By in 歴史・文化, 交流・共生, 楽しむ on 2018年10月9日

鈴木ばやしの山車

 青梅街道沿いにある武蔵野神社(小平市花小金井5丁目)で10月6、7日、例大祭(秋祭り)が催され、地元の家族連れなどでにぎわった。

 300年近い歴史を持つ武蔵野神社は猿田彦大神をまつり、初詣や節分祭、4月の祈念祭などを通じて長く近隣に親しまれてきた。

 毎年秋に催す例大祭は、武蔵野神社と武蔵野神社睦会が主催。両日の午後から小平音頭や東京音頭などの奉納踊り(盆踊り)をはじめ、無形民俗文化財の鈴木ばやしの山車(だし)や子供みこしが繰り出し、盆踊り唄やお囃子で地元の行事を活気づけた。

 

奉納踊り

 

 演芸ステージと広場では、地元の中学生による吹奏楽演奏や小学生によるよさこいのほか、カラオケ大会、フラダンス、バンド演奏などが披露され、地域が一体となって盛り上がった。

 イチョウ並木の参道には屋台が立ち並び、人々がシートを広げて飲食したり歓談したりして地元のまつりを楽しんでいた。
(片岡義博)

 

【筆者略歴】
 片岡義博(かたおか・よしひろ)
 1962年生まれ。共同通信社記者から2007年フリーに。小平市在住。嘉悦大学非常勤講師(現代社会とメディア)。

(Visited 25 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA