Print This Post Print This Post

新議長に田中慶明氏 西東京市議会が満票で選出

By in 市政・議会 on 2019年2月1日

新議長となった田中慶明氏

 西東京市議会の第1回臨時会2日目の2月1日、議長選出のため投票が行われ、自由民主党の田中慶明のりあき氏(59)が満票(28票)で第12代議長に決まった。挨拶に立った田中氏は「みなさまは今回の選挙で市民の負託を受けて当選されました。お一人お一人を尊重する中で、公正公平な議会運営に努めます」と述べた。

 挨拶のあと議長が交代し、田中新議長のもとで延会となった。
 週明けの4日に副議長のほか、昭和病院企業団、柳泉園組合、東京たま広域資源循環組合、多摩六都科学館組合の議会議員を選出する予定。常任委員会の委員長、副委員長の人選も話し合われる。

 この日は午前10時に開会した。臨時議長の藤岡智明氏が直ちに休憩を宣言。午後4時30分に本会議が再開された。この間、各会派が議長人事をめぐって話し合った。最終的に単記無記名投票の選挙が行われることになった。

 

開票作業に立ち会った山田忠良氏(左端)と佐藤大介氏(右端)

田中氏は「公正公平な議会運営に努めます」と挨拶した

 

 田中氏は1959年11月、旧保谷市生まれ。2006年に市議会議員に初当選し、今回が4期目。議会運営委員長、企画総務委員長、予算特別委員長のほか、自民党西東京市議団幹事長、柳泉園組合議会議長などを歴任した。
(北嶋孝)

 

【関連リンク】
・議会インターネット中継(西東京市議会

 

(Visited 125 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA