Print This Post Print This Post

待機児童は108人、昨年比21人減、西東京市の4月1日現在

By in 市政・議会, 子育て・教育 on 2019年6月11日

 西東京市の今年4月1日現在の待機児童数は速報値で108人となった。昨年同月比21人の減少。昨年度は認可保育所2ヵ所、小規模保育事業施設1ヵ所などで利用定員枠を144人増やしたが、待機解消には届かなかった。西東京市議会で10日、丸山浩一市長が藤岡智明氏(共産)の一般質問に答えて明らかにした。

 子育て支援部の古厩忠嗣部長の補足説明によると、待機児童の内訳は0歳15人、1歳61人、2歳22人、3歳9人、4歳以上が1人だった。

 保育課によると、今年度も認可保育所2ヵ所増設、認証保育所の認可保育所への移行などで約150人の利用定員枠の増加を見込んでいる。
(北嶋孝)

 

【関連リンク】
・議会インターネット中継(西東京市議会

 

(Visited 328 times, 12 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA