Print This Post Print This Post

歌って楽しく防犯ライブ! ロック音楽で「特殊詐欺にご用心!」

盛り上がる防犯ライブ(東伏見コミュニティセンター)

 特殊詐欺の被害を防ごうと、女性4人のロックバンド「ボンボンロール」が西東京市内で「防犯ライブ」活動を続けている。1年半余りで計23回。6月初めに開かれたライブを見に行ったら、集まった高齢者が歌と演奏に合わせて手拍子を取ったり歓声を挙げたり、楽しく元気に、詐欺防止の心得を胸に収めていた。

 ライブに立ち会ったのは、保谷第二小学校通学区域の住民懇談会「ほにほに」が主催する「シルバー交流昼食会」だった。会場は市内の東伏見コミュニティセンター。市社会福祉協議会が続けている「ふれあいまちづくり」活動の一環で、ほぼ年2回の割合で開き、6月8日の会合が33回目になる。

 

受話器を手に熱唱、また熱唱

ツインボーカルにギターとパーカッションの演奏

 

 演奏は、昼食会が終わった午後1時過ぎから始まった。ブルーとピンクのアフロを被ったボーカルの2人がギターとパーカッションとともに登場。「ボンボンロールでーす。ボーカルの2人は双子です。父親がアメリカ人です。ギターは妹のサリー、パーカッションはノースダコタ州に住んでいる従姉妹…」などと切り出した。派手な衣装に似つかわしい?ちょっと怪しげな口上が笑いを呼んだ。

 間もなく「受話器を置いて」「だまされないで」などのオリジナル曲をノリのよい演奏で聞かせる。ファッションと違って、こちらはストレートなメッセージソング。「受話器を置いて」に、こんな一節が出てくる。

 突然なる電話のベル トゥットゥトゥルルルルー
 「ハーイもしもし」「オレだよ、オレ」
 あー 悪い知らせ 悪い予感
 受話器を置いて そっともどして 受話器を置いて そっともどして

 最後のフレーズを何度も繰り返す。ほかに「だまされないで」「還付金、それは幻」などの曲も、目的とターゲットがはっきりしている。「最近多いのは架空請求やカード預かり詐欺です」「怪しいと思ったら受話器を置く。ためらわずに110番」…。軽妙な語りを交え、詐欺に遭わないノウハウを繰り返していた。

 

演奏に加わった牧師の星出卓也さん(中央)。「目が合ってしまったんですよね…」

 

 そのほか「上を向いて歩こう」「星降る街角」なども演奏した。多くの参加者は、呼び掛けに応えて、手を挙げたり振ったり。前列にいたスタッフの牧師さんも引き込まれ、アフロとサングラス姿でマラカスを手に演奏に仲間入り。34人の参加者とスタッフを合わせると50人余りが、ともに盛り上がって40分ほどのライブを終えた。
 市内のデイサービスセンターに通うお年寄り約10人が見学にやって来て、顔をほころばせながら聞いていた。

 ボーカルの「ブルー」として、歌ったり呼び掛けたりしたのは、市内柳沢在住の神崎浩子さん(55)。素顔の神崎さんは、実は9年目を迎えるベテランの民生委員。市内の高齢者が1500万円もの詐欺被害に遭ったと聞き、地域の実情を知るだけに危機感が募った。「防犯講座に出て警察の方のお話を聞いても、高齢の皆さんにはなかなか飲み込んでいただけない。たまたま私が音楽好きでバンドに参加していたので、歌と演奏で詐欺被害の危険を伝えられないかと思いました」。メンバーに相談したら、「あなたが曲を作ったら、編曲するわよ」。防犯ライブに踏み出すきっかけになった。

 

ボーカルの「ブルー」は歌と語りで大活躍。普段はどんな人かというと…

 

 「娘が使っていたドラムセットがあったので、5年前からここのセンターにある音楽室でドラムを始めました。メンバーとはそこで知り合いました。本体のバンドより、ボンボンロールの活動が最近は多いかな。家族も応援してくれます」。

 2017年10月、市内の高齢者センターで「防犯ライブ」を初披露。それ以来、福祉関係者が後押し。田無署も協力し、参加者、体験者の口コミも広がって出番が多くなった。「今回が23回目。今年になって6回目です。マイクやスタンドも自前で揃えてます。声が掛かったら、どこにでも出掛けますよ」。

 

交流会が開かれた東伏見コミュニティセンター

挨拶する住民懇談会「ほにほに」の世話人代表、青山恭彦さん

 

 昼食会を主催した住民懇談会「ほにほに」の代表世話人、青山恭彦さんは「神崎さんも懇談会のメンバーです。『ボンボンロール』はユニークなスタイルで頑張っていますね。参加した皆さんも楽しんでました」と感謝していた。
(北嶋孝)

 

【関連リンク】
・ボンボンロール(facebook
・ボンボンロール(twitter

 

【筆者略歴】
 北嶋孝(きたじま・たかし)
 1944年秋田市生まれ。早稲田大学文学部卒。共同通信社入社後、文化部、経営企画室などを経て2004年フリーに。同年8月「ワンダーランド」(小劇場レビューマガジン)創刊。編集長、代表。MXテレビの情報番組「モーニングサプリ」コメンテーター、演劇番組「東京舞台通信」ナビゲーターも。旧保谷市時代から西東京市内在住50年余り。2015年2月に「西東京市+近隣」の地域報道サイト「ひばりタイムス」創刊、編集長を務める。

 

(Visited 192 times, 1 visits today)

2 thoughts on “歌って楽しく防犯ライブ! ロック音楽で「特殊詐欺にご用心!」

  1. 石田裕子
    1

    ボンボンロールの活動、素晴らしいですね。
    多くの人に「受話器を置いて」「還付金、それは幻」と歌って欲しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA