Print This Post Print This Post

この台を見よ! 買い物後の一工夫

By in 買い物・商い on 2015年4月16日

新型サッカー台

 スーパーなどで代金を払ったあと、買い物を袋に詰める台(カウンター)に最近、異変が起きている。何がどう変わったか、気付いた人はいるだろうか。上の写真を見て、分かるかな?

 サッカー台と呼ばれるこのカウンターは、高さが58.5センチ。従来型より11.5センチも低くなった。
 しかもカートがスルリと台の奥まで入る。従来は、台の下に引き戸や棚があって、カートを横付けするしかなかった。それがどうしたと言わないでほしい。背丈の低い新型は、重いカゴをいちいち持ち上げて台に移さなくても、カートに置いたままで買った食料などを自分の袋に移し替えられるのだ。

 このありがたみは、たまにしか買い物しないオジサンには分からない。元気溌剌の若い人もピンとこないだろう。でも、ほぼ毎日買い物をしている高齢者にはうれしい工夫ではないか。カートからカゴを持ち上げる「ヨイショ」が要らなくなったのだ。分かったかな?

 

カゴをカートに置いたまま袋詰めできる新型台。西友ひばりヶ丘店地下食料品売り場 禁無断転載。

カゴをカートに置いたまま袋詰めできる新型台。西友ひばりヶ丘店地下食料品売り場 禁無断転載。

 

 西友ひばりヶ丘店は3月に改装リニューアル。地下の食品売り場に、アルミ製のカートと一緒にこの台が採用された。アルミ製カートは約5キロ。従来のスチール製より3キロも軽くなったから、助かる人も少なくないだろう。買い物客も敏感らしい。同店副店長の櫻本好昭さんは「床がセラミック・タイルになったこともあって、カートが軽くて動かしやすい、カゴを持ち上げる必要がないので袋詰めが楽になった、などお客さんからうれしい声を聞きます」と話している。

 

西友ひばりヶ丘店

西武池袋線ひばりヶ丘駅南口の西友ひばりヶ丘店。

 

 もちろん店側にとってもメリットがある。サッカー台を一度に多くの人に利用してもらえる。流れがスムーズになれば混雑緩和にも役立つだろう。

 西友本社広報室によると、昨年1月に都内板橋区の蓮根坂下店で初めてこの新型サッカー台を採用。高齢者の負担を減らすねらいからその後、店内改装の折に導入することになり、ひばりヶ丘店は4店目という。西東京市ではひばりが丘団地店も同年7月に導入済み。市内の2店に新型台がお目見えした。
(北嶋孝)

(Visited 1,306 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA