Print This Post Print This Post

入学式は新入生と保護者らで実施 西東京市立の小学校4月6日、中学校4月7日

 西東京市教育委員会は3月23日、市立の小中学校の入学式は、「必要最小限の規模で実施する」と発表した。小学校は4月6日、中学校は4月7日の予定。参加者は教職員のほか、新入生と、その保護者は各世帯2人まで。来賓や在校生は参加しない。

 市教委によると、市内全18小学校の新入生は約1570人、中学校9校の新入生は約1370人となっている。

 市教委は同時に、新型コロナウイルスの感染状況を踏まえると「依然として警戒を緩めることはできない」として、春休み中は、部活動の中止を含め「児童・生徒が集団で登校する活動は見合わせる」としている。
(北嶋孝)

 

【関連情報】
・春季休業日中の教育活動及び入学式の対応について(西東京市教育委員会

 

(Visited 118 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA