Print This Post Print This Post

中止、休止の継続広がる いこいの森公園や多摩六都科学館も

By in 市政・議会 on 2020年3月28日

 

 新型コロナウイルス拡大を防ぐため小池百合子東京都知事が週末の外出自粛を呼び掛けことを受けて、西東京市は3月27日、いこいの森公園の施設の一部休止措置を4月12日まで延長することにした。事務所のパークセンターやセミナールーム、スケート広場、バーベキュー場は有料も無料も休止する。市ホームページで「ボール広場も利用を控えるようご協力をお願い」としたほか、「公園でのお花見も控えるよう」呼び掛けている。

 多摩六都科学館も4月12日まで休館を延長することにした。13日は通常の休館日なので開館は4月14日からの予定。コロナウイルスの影響で2月29日から45日間の長期休館となる。年間フリーパスは休館期間の45日分を延長する。

 主催事業も軒並み中止、延期になった。しかし同館Webサイトで、館内の展示物が話し始める『おしゃべり展示室』や、館内風景を360度のパノラマ映像で見られる『グリグリ360°!多摩六都科学館』を始めた。同館広報は「このほかyoutubeで科学館の動画を楽しめます。ぜひごらんになってください」と話していた。
(北嶋孝)

 

【関連情報】
・新型コロナウイルス感染症に伴う市公共施設の休止等について(令和2年3月27日午後3時現在)(西東京市Web
・公園利用者の皆様へ(新型コロナウィルス対策にご協力を)(西東京市Web
・【臨時休館のお知らせ(期間延長 3/25 更新)】(多摩六都科学館
・年間フリーパスの期限延長について(3/25更新)(多摩六都科学館
・おうちでROKUTOをたのしもう!(多摩六都科学館

 

(Visited 139 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA