Print This Post Print This Post

多摩六都科学館も臨時休館 2月29日から3月15日まで

By in 未分類 on 2020年2月28日

臨時休館する多摩六都科学館

 世界最大級のプラネタリウムで知られている多摩六都科学館(西東京市芝久保町、高柳雄一館長)は2月28日、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため2月29日から3月15日までの臨時休館を決めた。このため3月1日に開催予定だった「たまろくと市民感謝デー」「ご当地グルメフェスティバル」は中止となった。


 多摩六都科学館は1994年3月に開館。現在は小平市、東村山市、清瀬市、東久留米市、西東京市の5市で運営している。1億4000万個を超える星を投映するというプラネタリウムと、観察・実験・工作が楽しめる体験型ミュージアムとして最近は年間20万人を超える利用者が来館する。昨年4月には累計利用者が400万人を超えた。
(北嶋孝)

 

【関連情報】
臨時休館のお知らせ多摩六都科学館
・中止イベント等一覧(多摩六都科学館

 

(Visited 17 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA