Print This Post Print This Post

泉小わくわく公園、一部オープン 4月12日まで「ボール遊び広場の利用を控えて」

By in 市政・議会, みどり-環境 on 2020年4月1日

一部オープンした泉小わくわく公園

 西東京市の泉小学校跡地で「泉小わくわく公園」の整備が進み、旧泉小の歴史や校歌を載せたメモリアルなど一部が4月1日、オープンした。多目的広場は夏ごろまで芝生の養生のため立ち入りできない。この日から開放予定だったボール遊び広場は朝方からの雨で開場しなかった。市は広場の入口に看板を掲げ、新型コロナウイルス感染予防のため4月12日までは「ご利用をお控えください」と呼び掛けている。

ボール遊び広場はこの日、雨で利用できなかった(4月1日午前9時10分)

泉小学校のメモリアル。泉小の歴史が刻まれた板碑のほか、学校用の机と椅子が地面に直付け

 

 ボール遊び広場は四周を金網で囲い、面積は約900平米、体育館ほどの広さになる。バスケットボールのゴールを大小2基設置し、3日からはサッカー用のゴールも用意してボール遊びができるようにする。開場は午前9時。4月-9月は午後6時まで、10月-3月は午後5時まで利用できる。

 築山を備えた多目的広場は一面の芝生が特徴だが、根付くまでの養生が必要。ベンチを含めて、いまは低いネットで区切られている。市のみどり公園課は「天候次第だが、7月中旬から8月初めまでかかりそう」と話している。

 旧泉小は5年前の2015年3月で廃校となった。その後市は、跡地の一部を売却したり、福祉施設の建設に活用したりするほか、残る用地は周辺住民の懇談会で意見を集約し、ボール遊びができる公園を整備してきた。

 

泉小わくわく公園の主な施設(西東京市資料から)

 

 この公園は「西東京の公園・西武パートナーズ」が指定管理者となり、いこいの森公園などとともに管理運営する。
(北嶋孝)

 

【関連情報】
・4月1日に「泉小わくわく公園」が一部開園します(西東京市Web
・泉小学校跡地活用方針を決定しました(西東京市Web
・(仮称)泉小学校跡地公園整備 基本設計が決定しました(西東京市Web

 

(Visited 184 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA