Print This Post Print This Post

申請約8万5000件、給付済み約4万1000世帯 西東京市の特別定額給付金の給付状況

 西東京市は6月18日、特別定額給付金の最新の給付状況を市のホームページに掲載した。オンライン申請と郵送申請を併せ、1人当たり10万円を給付したのは6月17日までに約4万1000世帯。同日までの申請約8万5000件の48%となり、残りも6月下旬から7月上旬に給付見込みという。

 市の「特別定額給付金担当」部署によると、オンライン申請は5月9日から始まり、5月中に受け付けた約7200件はすでに給付済み。6月分は約140件あり、6月下旬までに給付予定となっている。

 郵送申請は6月1日から受け付けが始まった。1日は約3万3000件。この初日分はすでに給付済み。その後の申請は17日まで約7万7900件に達した。オンラインと郵送の申請合計は約8万5000千件に上る。西東京市の給付対象は約10万世帯なので、ほぼ85%が申請した計算になる。

 

郵送の申請書(見本)

 

 受け付け作業で時間がかかったのは、国のマイナポータルサイトのオンライン申請データを、市の給付システムに入力、登録する作業だった。システムが結びついていないため、いったん申請データをダウンロードして印刷し、西東京市の住民基本台帳に記録されているかどうか確認し、給付システムに入力して銀行口座に振り込めるように登録する。この確認、登録作業に時間と人手が必要となった。

 郵送申請も含めて、添付書類の確認作業は慎重を期した。記入した口座番号と通帳コピーの番号が同じか、代理申請の委任記載が正確かなど、チェックポイントは次々に出てきた。現在は郵送受け付けから給付まで、2週間から3週間かかるという。

 特別定額給付金制度が4月20日に閣議決定されたことを受けて、西東京市は同月24日付で実施組織「特別定額給付金担当」を設置して作業を進めた。専従職員は9人だが、日中は応援要員として、各課職員15人~20人が受け付け作業に従事。夜は午後9時まで、現在も入れ替わりで15人ほどが参加しいる。5月中は土日も出勤して仕事を進めた。職員だけでは足りないため、派遣スタッフ約20人も一緒に作業を続けてきた。

 担当部署は「申請がひところよりは落ち着いてきたので、これまでの受け付け分は月内か7月上旬には給付できると思います」と話している。
(北嶋孝)

 

【関連情報】
・特別定額給付金について(給付状況を更新しました)(西東京市Web
・特別定額給付金のオンライン申請について(西東京市Web
・特別定額給付金の郵送申請について(Q&A、外国語記入例あり)(西東京市Web

(Visited 501 times, 1 visits today)

One thought on “申請約8万5000件、給付済み約4万1000世帯 西東京市の特別定額給付金の給付状況

  1. 石田ゆい
    1

    6月1日に郵便ポストに投函済み、恐らく2日に市役所到着で受付日も同日なはずでホームページを見ると給付済みとなっていますが20日土曜日現在、未だに振込無しです。市からの連絡などなく、不備があったのか否かも不明です。いつになったら振込されるのか、、、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA