Print This Post Print This Post

特別定額給付金の給付率最終的に99%へ 8月31日で申請の受け付け終わる

投稿者: カテゴリー: 新型コロナウイルス市政・議会 オン 2020年9月3日

給付を伝える市の通知書

 西東京市の特別定額給付金申請の受け付けが8月31日で終わり、1人一律10万円を給付したのは9月1日現在、9万8529世帯、給付率は98.4%となった。市の特別定額給付金担当によると、最終的には99%に達する見込みという。

 

 この給付金制度は、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けた家計への支援を目的に、国の緊急経済対策として決まり、実施主体は市町村とされた。西東京市はオンライン申請を5月9日から始め、郵送による申請を6月1日から始めた。申請受付期間は8月31日までだった。

 

 同担当によると、8月31日現在の西東京市の給付対象は10万167世帯。「郵送受け付けは31日で終わりましたが、31日の消印のある申請は有効です。さらに、受け付け済みで、これから給付予定の分を合わせると、99%を超える見込みです」という。

 

 地域包括支援センターの協力を得て申請漏れのないよう高齢者宅を訪問したり、特別定額給付金の申請書類が入っていると分かるように視覚障害者らに対し封筒に点字で記したりするなど、担当は「1人でも多く届けるよう努めた」という。

 

 特別定額給付金担当の組織を立ち上げたのが4月24日。申請が集中した5月は土日も作業。他の部署から応援職員が加わり、30人を超える派遣スタッフも力を合わせた。7月1日時点の給付率は89.1%となり、東京都の49区市のうち上位6番目だったという。
(北嶋孝)

 

【関連情報】
・特別定額給付金について(申請期間は終了しました)(西東京市Web

 

(Visited 14 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA