Print This Post Print This Post

ひばりヶ丘駅南口に新エスカレーター 9月10日朝から始動

投稿者: カテゴリー: 交通・道路 オン 2020年9月10日

新エスカレーターを利用する人たち(9月10日午前8時24分)

 西武池袋線ひばりヶ丘駅南口で9月10日朝、新しいエスカレーターと階段の利用が始まった。パルコ側に出来た仮の出入り口は閉鎖され、南口は当初の場所に戻った。今後10月末に、現在リニューアル中の駅中コンビニエンスストアがお目見え。駅商業施設は、来年6月のオープンをめどに工事が進められる。

 西武鉄道によると、今年4月6日から行われていたエスカレーター改修工事は、新型コロナウィルスの影響で長引き、当初の8月末より完成が10日遅れになった。新しいエスカレーターは耐震性能が強化されたという。

 

5ヵ月ぶりに本来の南口が使えるようになった(9月10日午前8時21分)

 

 新エスカレーターを使う人たちで賑わった10日早朝、通勤客の1人は「待ちに待ったエスカレーター。便利になり、うれしいです」(20代女性)と話していた。
(梶山るみ)(写真は筆者撮影)

 

【筆者略歴】
 梶山るみ(かじやま・るみ)
 東京都江戸川区生まれ。ひばりが丘在住。ダンスと油絵、ワインが趣味。

 

 

(Visited 8 times, 6 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA