Print This Post Print This Post

武蔵野徳州会病院を7700人見学 6月1日オープン控えて内覧会

By in 健康・医療 on 2015年5月26日

 西東京市向台町3丁目のIHI(旧石川島播磨重工)工場跡地に建てられ武蔵野徳州会病院(鈴木洋通院長)の内覧会が5月24日(日)開かれ、近隣から約7700人の見学者が訪れた。同病院は6月1日(月)オープン予定。徳州会グループの70番目の病院になる。

 

武蔵野徳州会病院

 同病院は地上6階地下1階で210床。内科、循環器内科、消化器内科、血液内科、肝臓内科、腎臓内科、神経内科、婦人科、小児科、外科など幅広い診療科がある。特に救急医療に力を入れるという。

 

tokushukai01IMG_0725

 

 当日の内覧会は午前10時から午後3時まで。同病院によると、訪れたのはほとんど徒歩か自転車。近隣の人たちがほとんどではないかという。6階から順に、最新医療機器を備えた診察室や病室を次々に見て回った。見学予定者は5000人前後を見込んでいたが、晴天に恵まれたこともあって大幅に増えた。

 同病院の竣工式と祝賀式も午前10時から院内で行われ、徳州会グループの鈴木隆夫理事長らが挨拶。西東京市の丸山浩一市長らが祝辞を述べた。設計事務所、建設会社ら関係者約600人が集まった。

 

(Visited 329 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA