Print This Post Print This Post
山田病院

山田病院の陽性者が計56人に 入院患者、医師、看護師ら

投稿者: カテゴリー: 新型コロナウイルス オン 2021年1月20日

 西東京市南町3丁目の薫風会山田病院(山田雄飛院長)は1月19日、新型コロナウイルスの院内感染で、入院患者らのPCR検査や抗原検査の陽性者が計56人になったと発表した。これまで陽性者の出たのとは別の病棟で看護師1人の陽性が確認されたが、接触のあった患者、職員の検査で全員が陰性だった。

 

 病院によると、陽性者56人の内訳は、患者49人、看護師5人、医師1人、委託先の清掃作業員1人。専門医療機関に転院、治療中の患者は15人となっている。

 

 1月7日に入院患者のコロナウイルス陽性が判明して以来、陽性者は2-2病棟(慢性期女性病棟)に集中していた。しかし16日に3-2病棟(精神科救急病棟)勤務の看護師1人も陽性が確認された。この病棟で看護師と接触のあった入院患者、職員のPCR検査を実施した結果、全員の陰性が確認された。保健所の調査で2つの病棟の発生に関連はなく、看護師は勤務中にマスクとフェイスシールドを着用していたことから、入院などは通常通りで問題ないと判断された。

 

 陽性者数は14日まで患者27人、看護師2人、清掃作業員1人の計30人だった。その後も連日増え続け、多い日で11人、少ない日で2人の陽性者が出ている。
(北嶋孝)

 

【関連情報】
・2021.01.19(17:00時点) 新型コロナウイルスの院内発生につきまして(第13報)(山田病院
・最新情報>新型コロナ関連(山田病院

 

(Visited 801 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA