Print This Post Print This Post
池澤隆史市長

西東京市のワクチン1回接種は約9000人 7月末まで80%台を見込む

投稿者: カテゴリー: 新型コロナウイルス市政・議会 オン 2021年6月3日

 西東京市で新型コロナウイルスワクチン接種を1回済ませた高齢者は5月28日までに約9000人、2回目が終わったのは約500人であることが、市議会第2回定例会の代表質問・一般質問で6月3日までに明らかになった。池澤隆史市長らが稲垣裕二氏(自民)、大林光昭氏(公明)、田村広行氏(無所属)らの質問に答えた。(写真は、答弁する池澤隆史市長)

 

 西東京市の65歳以上の高齢者人口は約5万2000人。接種予約は5月7日から85歳以上を対象に始まり、20日から75歳以上に拡大した。第1回の接種が終わったのは5月28日までの速報値で8513人となった。これに先立って4月19日から市内の高齢者施設で実施されたワクチン接種の第1回終了者約500人を加え、1回目の接種を済ませた市内の高齢者は約9000人となり、対象者の17%となった。2回目を接種したのは高齢施設入所者の約500人で、1%となる。

 

 接種の進行について池澤市長は、季節性のインフルエンザワクチン接種率が約60%という数字に触れながら、「7月末までには高齢者の80%台を見込んでいる」と述べた。そのうえ「国による個別接種促進のために示された新たな財政支援策を活用し、医療機関への支援を検討して、より円滑な接種体制の構築に努めます」と言葉を重ねた。

 

 副反応について池澤市長は「アナフィラキシーなどの重篤な事例はこれまでない」と順調に接種が進んでいるとの見方を示した。

 

 当日キャンセルが出た場合の対処については「まず接種券を持っている市民を対象に、可能な限りコールセンターなどで案内します。そのあとは会場で市民に呼び掛け、それでも接種希望者がいない場合は、会場にいる未接種の医師や看護婦らに知らせます」などと述べた。

 

 西東京市は高齢者を年齢で3区分してワクチン予約と接種を進め、6月3日から65歳以上の予約受付が始まった。市内5病院でも予約が始まり、市内の診療所・クリニックでも診察時に相談できるようになった。
(北嶋孝)

 

【関連情報】
・【65歳以上】予約受付を開始しました(西東京市Web
・西東京市新型コロナワクチン掲示板(特設サイト
・ワクチン接種に係る新たな支援策について[PDF形式:478KB](厚生労働省

 

(Visited 632 times, 9 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA