Print This Post Print This Post
小学校

西東京市の市立小学校で児童14人がコロナ感染 全学年オンライン授業へ 給食登校は17日まで中止

投稿者: カテゴリー: 新型コロナウイルス子育て・教育 オン 2021年9月10日

 西東京市は9月10日、市内の市立小学校で9月4日から10日までの間に児童14人が新型コロナウイルスに感染したことが判明したと発表した。この学校の1年生は2学期が始まった1日から登校して授業を受けていたが、10日からは2年~6年と同じようにオンライン授業に切り換え、全学年がオンライン授業となった。給食のための登校も10日~17日の間、全学年で中止。多摩小平保健所が濃厚接触者や感染経路などを調査している。(写真は、小学校校舎。本文と直接の関係はありません)

 市教育委員会学務課によると、同校は1日が始業式。3日までは全学年が登校してオンライン授業の準備に取り組み、2年生以上は6日からオンライン授業を実施。1年生は登校し、通常の対面授業をするほか、オンライン授業の準備などを続けてきた。また希望者には学校で給食を提供していた。ところが4日以降ほぼ連日、子どもがPCR検査で陽性になったとの連絡が学校の保護者から入った。このため多摩小平保健所が調査に入っている。

 発表によると、感染した14人の内訳は「10代の男性8人、女性3人、10歳未満の男性3人」。「複数の学年にまたがっている」(学務課)としているが、学年別は明らかにしていない。

 同市の小中学校はオンライン授業と並行して、家庭学習が難しい生徒・児童は学校で「預かり」を実施。同校でも実施していた。

 学務課は「どのような経路、理由で児童の感染が多くなったのか、保健所の調査で明らかになると思います」と話している。
(北嶋孝)(写真は、筆者提供)

 

【関連情報】
・市内市立小学校児童の新型コロナウイルスの感染について(西東京市Web

 

北嶋孝
(Visited 1,720 times, 19 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA