Print This Post Print This Post
デルタ株

小平市で低濃度のワクチンを誤接種 二重に希釈して最大6人に投与

投稿者: カテゴリー: 新型コロナウイルス オン 2021年10月5日

 小平市は10月4日、新型コロナウイルスワクチンの集団接種会場で、通常よりも濃度の薄いワクチンを最大6人に誤って接種した可能性がある、と発表した。健康被害が生じる可能性はないという。

 10月1日午前、集団接種会場のブリヂストン体育文化センター(小平市小川東町3丁目)で、生理食塩水で希釈したワクチン入りバイアル(容器)を、規定通り注射器と同じトレーに入れず、元の場所に戻してしまった。このため希釈前のバイアルと思い込み、再度、生理食塩水で希釈したワクチンを投与した。

 市は誤接種した6人を特定できないため、同日午前中に2回目のワクチン接種をした12歳以上の277人のうち誤接種した可能性のある126人に連絡し、抗体検査後に十分な抗体が確認できない場合は再度接種する方針。「今後、充てん後のバイアルに使用済みのシールを張るなどして再発防止に努める」としている。

 低濃度ワクチンの誤接種事故は各地の自治体で発生している。小平市でワクチン接種に伴う事故は5例目。
(片岡義博)

 

【関連情報】
・新型コロナウイルスワクチン接種に伴う事故の発生について(小平市

 

(Visited 281 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA