Print This Post Print This Post

鳴り止まない拍手 扇田昭彦さんを送る会

投稿者: カテゴリー: 暮らし文化・スポーツ オン 2015年7月7日

sendsa-okuru03IMG_1399

 西東京市芝久保町在住の演劇評論家、扇田昭彦さんが5月22日に亡くなって1ヵ月余り。東京・池袋の東京芸術劇場プレイハウス(中ホール)で7月6日(月)夕、演劇関係者ら約600人が集まって「扇田昭彦さんを送る会」が開かれた。扇田さんが好きだったというベートーベンの交響曲第6番「田園」の音楽が流れるなかで、故人との印象深い出会いを語り、突然の別れを悼む言葉が続いた。

 思い出を語ったのは、演出家の串田和美さん、朝日新聞の記者だった評論家の川本三郎さん、同劇場芸術監督の野田秀樹さん。次々に立って、扇田さんとの出会い、意外な人柄をエピソード交じりで語った。

 合間に映し出されたビデオ映像で、学生時代から付き合いのあったフランス文学者の巌谷國士さんや俳優の渡辺美佐子さんが扇田さんを偲び、テレビ番組に出演した劇作家・作家の唐十郎さん、井上ひさしさん、それに演出家の蜷川幸雄さんの映像も紹介された。

 最後に「送る会」実行委員会委員長の桑原茂夫さんが「扇田さんのこれまでの仕事を讃え、感謝の気持ちをこめ、拍手を持って本日の会の幕を閉じたい」と語ると、長い大きな拍手が会場全体に鳴り響いた。

 司会は劇作家、演出家の永井愛さんと、女優で演出家の木野花さんの2人が務めた。(北嶋孝)
【写真は、扇田さんを偲ぶ演出家の串田和美さん。東京芸術劇場。禁無断転載】

 

(Visited 278 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA