Print This Post Print This Post

元田無市長の末木達男氏死去

By in お悔やみ on 2015年8月18日
末木達男氏

【写真提供=FM西東京】

 元田無市長の末木達男氏が8月17日(月)午後7時5分、間質性肺炎のため清瀬市の国立病院機構東京病院で死去した。84歳。山梨県須玉町(現・北杜市)出身。通夜は8月23日(日)午後6時から、告別式は24日(月)午前11時から、ともに西東京市田無町3丁目8-12の總持寺大日堂斎場で。喪主は長男明浩氏。
 昨年9月から体調を崩して入退院を繰り返し、今年6月アスタ西東京の代表取締役会長を退き、治療に専念していた。

 高校卒業後、旧国鉄(現JR)に入り、東京・八王子機関区に勤務。結婚を機に旧田無町に住み、1963年(昭和38年)同町議に初当選。議員5期を経て田無市助役に就任。85年市長に初当選し、以後4期市長を務める。懸案だった西武新宿線田無駅北口再開発事業を実現。念願の旧保谷市との合併を進め、2001年(平成13年)の西東京市誕生に尽力した。主な著書は「分権時代の街づくり」「上農人生まっしぐら」。

(Visited 1,253 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA