タイトル

手作り商品の「想い」と「こだわり」伝えたい 「つくりての想い 福祉作業所の商品紹介」の動画完成

投稿者: カテゴリー: 健康・福祉 オン 2022年4月5日

 障がいをもった人たちが、どういう気持ちを込めて商品を作っているか。そんな「想い」を伝える映像作品が完成し、動画配信サイトのユーチューブで公開されています。映像を制作した西東京市障がい者福祉をすすめる会代表、根本尚之さんの報告です。(編集部)

 

 「想い」を伝える

 福祉作業所の手作り商品は、どんな人が、どんな場所で、どんな想いをもって、どのように作っているのか。昨年3月に市内福祉作業所の紹介動画をつくったときから、ずうっと知りたいと思っていました。そう考えて制作したのが「つくりての想い 西東京市障がい者福祉福祉作業所の商品紹介」です。昨年西東京市の『子ども・地域応援企画提案事業』に応募し採択されました。

 動画は7事業所の協力を得て、それぞれ4分程度の短い動画にまとめました。時間は短くても、つくりての「想い」と「こだわり」からは、内に秘めたつよい意志が感じられます。話を聞いた後に改めて商品を見ると「ああ、だからこの商品はしっかりと存在感をアピールしているのだ」ということが分かってきます。

 

 販路の確保が課題

 福祉作業所ではたくさんの商品が作られています。パンやクッキーやケーキなどの食品から、アクセサリー、陶器などいろいろです。しかし、大きな課題はその販路にあります。店舗をもっている事業所であれば店舗で販売ができますが、店舗のない事業所はまず売る場所をみつけなければなりません。

 柳沢公民館にある「喫茶コーナーふれあい」は当会が運営しています。狭いスペースですが、市内の福祉作業所でつくられた商品の展示販売コーナーがあり、アクセサリーや実用品を手に取ってみることができ、気に入った商品を購入することができます。しかし、そういう場所はほかに、市内にほとんどありません。

 想いをこめて作った商品は、自分たちが市内外の展示販売できるイベントを探して出店して販売することとなります。日々の活動で精一杯のなかで、イベントの展示、販売、参加の準備は職員、利用者にとって大きな負担となります。

 今の世の中だからネット販売をすればいいよと言われる方もいらっしゃいます。もちろんそれはそうなのですが、ネット販売を自分たちで立ち上げるためのノウハウや時間や費用をどうやって確保、蓄積するかも大きな課題です。

 

展示販売コーナー

市内の福祉作業所でつくられた商品の展示販売コーナー

 

 展示販売の「拠点」を

 こういった販路構築に関しては、個別の事業所ではなく、商品をつくっている事業所がまとまって展示販売ができる場所やインターネットで購入できるサイトといったインフラの仕組みづくりを、行政の支援のなかで、ネット販売のノウハウに長けた市民の力を借りて早急につくっていければと思います。

 昨今の障がい者福祉サービスは、直接的には行政の手を離れ、民間の事業者が行うようになりました。それに伴いサービスの数も多くなり、利用者にとってはよい環境となってきてはいます。しかし、事業者間の情報共有や交流はまだまだできていないのが実情です。市内何カ所か、作業所の商品の展示販売の場所があり、インターネットでも購入できる、そしてその展示販売やインターネットの運営を障がい者当事者が担う。市民も商品を気軽に買いに行ける。そんな西東京市となることを願っています。

 

 

 市内の7つの福祉作業所でつくられる味わい深い手作りの商品。
 つくりてが、こだわりを持ち、想い込めて商品に魂を吹き込む姿。
 真剣まなざし、丁寧な作業、完成品の美しさ。
 届け! 作り手のこだわりと想い。そして価値ある商品。

 

【関連情報】
・つくりての想い(全編)(YouTube
・喫茶コーナーふれあい(YouTube
・もぐもぐの森(YouTube
・camp カフェ(YouTube
・石窯パン工房ウーノ(YouTube
・お菓子工房マーブル(YouTube
・手づくり工房めぇ(YouTube
・どろんこ作業所(YouTube

 

【筆者略歴】
 根本尚之(ねもと・なおゆき)
 1959年生まれ。西東京市在住、会社員。1996年に息子が脳性麻痺の障がいをもって生まれたことをきっかけに、民間企業に勤務の傍ら、西東京市で障がい者支援の活動をつづける。西東京市障がい者福祉をすすめる会会長、喫茶コーナーふれあい代表、西東京市地域自立支援協議会副会長、西東京市社会福祉協議会評議員、社会福祉法人さくらの園評議員、社会福祉法人田無の会評議員など。

 

(Visited 259 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA