家具

小平市がジモティーと協定 粗大ごみ減量へ

投稿者: カテゴリー: 市政・選挙環境・災害 オン 2022年7月1日

 小平市は7月1日、粗大ごみ減量対策として地域情報サイト「ジモティー」を運営する株式会社ジモティーとリユース(再利用)に関する協定を締結した。今後、市報や公式サイトを通じてジモティーを活用した不用品の再利用を働きかける。(写真は、小平市リサイクルセンターにある粗大家具などの展示・販売会場=小平市公式サイトより)

 小平市は「こつこつ小平『もったいない』が根づくまち」の理念に基づき、3R(リデュース=減らす、リユース=繰り返し使う、リサイクル=再生利用する)活動を進めてきた。市内で年間に出る粗大ごみは約14万点、約1400万トン。中にはまだ使用可能なものも含まれており、資源の有効利用が求められている。

 ジモティーは、まだ使える地域の家具や家電の情報をインターネットに掲載し、無料・格安で受け渡す仕組みを提供している。6月28日時点で全国の47自治体と同様の協定や覚書を締結しており、都内では小金井市、武蔵野市、東大和市などに次いで11例目。小平市は今後、市報や公式サイト、ゴミ分別アプリでジモティーの使い方を紹介するなどして連携を強化していく。
(片岡義博)

 

【参考情報】
・ジモティー(HP

 

(Visited 230 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA