Print This Post Print This Post

2016年度一般会計予算案など可決 西東京市議会予算特別委員会

By in 市政・議会 on 2016年3月29日

 西東京市の市議会予算特別委員会(酒井ごう一郎委員長)が3月28日(月)に開かれ、2016年度一般会計予算案の総括質疑に入った。森信一議員(民主改革フォーラム)、後藤ゆう子議員(生活者ネットワーク)、納田さおり議員(無所属)が総括質疑したあとに採決し、自民党、公明党、民主改革フォーラム、生活者ネットワークなどの賛成多数で一般会計予算案を可決した。25日に予算組み替え動議が否決された共産党、統一会派みらいなどは総括質疑をしなかった。

 このあと2016年度の国民健康保険、下水道事業、駐車場事業、介護保険、高齢者医療の5特別会計予算案を審査した。国民健康保険、高齢者医療の2特別会計予算案は賛成多数で可決。下水道事業、駐車場事業、介護保険の3特別会計予算案はいずれも全会一致で可決した。30日(水)の本会議で一般予算案などが討論、採決される見通し。
(北嶋孝)

 

(Visited 70 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA