Print This Post Print This Post

熱気に包まれる西東京サマーフェスティバル

投稿者: カテゴリー: 暮らし オン 2016年8月1日
04IMG_1201

琉球國祭り太鼓

 西武新宿線田無駅北口大通りで7月31日、恒例の「西東京サマーフェスティバル」が開かれた。今年で21回目。阿波踊りやエイサー踊りなどの踊り手が迫力ある演舞を披露。沿道は来場者で埋め尽くされ、熱気に包まれていた。

 たなし連、TANASHIソーラン会など地元団体の他、琉球國祭り太鼓、高円寺阿波踊りしのぶ連など11団体、500人余りが出演した。最後は演者や観客も加わり乱舞。祭りは最高潮に達した。

 30日、31日は、田無駅北口ペデストリアンデッキで、地元飲食店による模擬店が出店され、ミニステージではキッズダンスやバンド演奏なども開かれた。

 

 第21回西東京サマーフェスティバル実行委員長の名古屋栄司さんは、「例年以上の人出で、演舞団体の演技も心に響くものでした。多くの方のご協力のおかげです」と話していた。
(柿本珠枝)

 

【筆者略歴】
柿本珠枝(かきもと・たまえ)
 旧保谷市で育ち、現在西東京市田無町在住。1998年(株)エフエム西東京開局から携わり、行政や医療番組、防災、選挙特番など担当。地域に根差した記者としても活動している。

(Visited 607 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA