Print This Post Print This Post

東伏見小学校で現金9万円盗難 教室の窓を外して職員室に侵入

By in 子育て・教育, 事件・事故 on 2016年11月16日
東伏見小学校

東伏見小学校(東伏見6丁目)

 西東京市立東伏見小学校(清水宣宏校長)で11月14日未明、職員室から現金約9万円が盗まれた。施錠した教室の窓を破って侵入したとみられる。学校側は15日夕に緊急保護者会を開き、状況を説明した。同市教育委員会は市内の学校に、戸締まりと現金管理を徹底するよう通知した。

 市教委学校運営課によると、事件が起きたのは14日午前3時ごろ。学校に設置されている緊急通報システムが作動。警備会社と田無警察署が現場に駆けつけたところ、2階の教室の窓が外されて職員室が荒らされ、約9万円の現金が盗まれていることが分かった。現金は6年生の図工教材費など。詳細は田無警察署が調べている。

 学校に金庫が設置されているが、現金は職員室の引き出しに入れ、鍵はかけていなかったという。

 15日午後5時半過ぎから6年生の保護者会が開かれ、20人余りが参加した。
(北嶋孝)

 

【関連リンク】
・西東京市立東伏見小学校 >>

(Visited 1,091 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA